医療レーザー脱毛器

医療レーザー脱毛器について

医療レーザー脱毛器の主な種類

現在使用されている医療レーザー脱毛器は、開発も進んでいますので種類が多くなりました。しかし、主流になっているものは2種類程度だと思っていいでしょう。アレキサンドライトレーザーかダイオードレーザーですね。他にもルビーレーザー、YAGレーザーというのもありますが、日本人向きではなかったり効果の実感が少ないようです。

アレキサンドライトレーザーを使用したものでは冷却しながら脱毛するというタイプが多いですね。またダイオードレーザーを使用したものは、メラニンの濃さに対しても対応しやすいので、日本人の肌でも問題はありません。アメリカの脱毛マシンが多いのですが、安全性の高さは保証されていて安心して医療レーザー脱毛を受けられます。

医療レーザー脱毛器の安全性は?

医療レーザー脱毛器のほとんどが海外から輸入されていますので、大丈夫かなと不安に感じる方が多いですね。白人の肌と私たち黄色人種の肌では、色が当然違いますので、メラニンに過剰な反応をしないかが怖いのです。しかし、アメリカのFDA(日本の厚生労働省のような機関)で検証されたものしか輸入はしていないので、肌トラブルの不安を解消してくれます。

また、冷却しながら脱毛するものでは、熱いと感じることがほとんどないので、火傷になる可能性は極めて低いですね。日本人向けとして開発している脱毛マシンがありますので、こういったものを導入している医療レーザー脱毛なら利用しやすいのではないでしょうか?



Copyright (C)2012-2015 レーザー脱毛徹底ナビ All Rights Reserved.