医療レーザー脱毛のできない人

医療レーザー脱毛のできない人について

色素沈着が強い時

色素沈着に関しては、医療レーザー脱毛が受けられないケースがありますね。これはメラニンへの反応をさせますので、肌トラブルにならないよう配慮をしています。ある程度日焼けが治まってくると医療レーザー脱毛が出来るようになりますね。

施術を受けようと思っているのなら、あまり日焼けをしないようにしていると、時間を掛けずに脱毛を初められるようになります。手術などの傷跡として色素沈着をしてしまっている時には多少難しい場合もありますが、相談はしてみても構わないでしょう。

医師の診察を受けてから契約をしますので、カウンセリングで出来ないことが解れば契約前にお断りできるようにしています。軽度の色素沈着では、脱毛が出来ると思っていいでしょう。

疾患がある場合

もしも医療レーザー脱毛をしようとしても、基礎的な疾患がある場合には残念ですが出来なこともありますよ。皮膚感染症やヘルペスという皮膚疾患があると、肌のダメージになりますし、元々の疾病が悪化する可能性が高いからです。自己免疫病がある方も難しいと思っていいでしょう。

免疫が弱っていると、回復力があまりないので、肌には深刻な問題となって残ることもあるからです。疾患ではありませんが、妊娠されている方は、どのような方法でも脱毛をすることが出来ませんね。医療レーザー脱毛がお腹の赤ちゃんに害だと証明されているのではありませんが、やはりデリケートな時期なのでご遠慮くださいという説明があると思います。



Copyright (C)2012-2015 レーザー脱毛徹底ナビ All Rights Reserved.