医療レーザーの痛み

医療レーザーの痛みが気になる

痛みが気になるときには?

医療レーザー脱毛だけではなくレーザーと名前のつく脱毛方法が痛いというのが当たり前のように思えてしまいます。確かに照射範囲が狭くてレーザーが集中してしまっては、肌にもダメージとなり痛みを感じてしましますね。しかし、最近の医療レーザー脱毛機は照射範囲が広がってきています。

熱に変換することからこの痛みが出るのですが、これも改善されましたので、最新機器の使用をしているときには医療レーザー脱毛でも、ほぼ無痛という状態が実現できています。肌に照射されるレーザーが少ないほど、痛みが出にくくなりますので、そのクリニックで使用している脱毛マシンがどういった仕組みなのかは知っているといいでしょう。

クリニックだからできる事

クリニックでしか出来ない医療レーザー脱毛ですが、だからこそのメリットがあります。これは麻酔の仕様ができるということですね。今では、麻酔を使うこともほとんどありあせんが、シールのような麻酔を貼って脱毛をすると痛みに弱い人でも問題ないのです。

敏感肌や乾燥肌でも脱毛が受けられるのには、こういった理由もありますね。医療としての脱毛が出来る専用の機器が使用できるのも医療レーザー脱毛の特徴的なところですので、安全基準に則った使用がされていると思っていいでしょう。

また、施術後に痛みを感じる場合でも、処方薬が使用できますので、緩和をするのに役立ちます。医師が肌コンディションを見て的確な判断をしていきますので信頼性が高くなっています。



Copyright (C)2012-2015 レーザー脱毛徹底ナビ All Rights Reserved.