医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛の特徴について

医療レーザーの種類って?

医療レーザー脱毛では、レーザーの種類として、アレキサンドライトやダイオードレーザーを使用しています。脱毛サロンよりは出力が強めでも使用できますので、やはり回数が少なく済むとか、脱毛効果が高いと言われますね。

レーザーは照射口といって光の出るところが狭いのが特徴だと言われてきましたが、最新のものでは改善がされましたので、あまり時間がかからないようになりました。医療レーザー脱毛をしているクリニックによって、使用している脱毛マシンが異なっているので、事前に確認しておくといいでしょう。

アレキサンドライトやダイオードレーザーでは、波長が違ったり痛みの感じ方が違うという感想もありますね。

脱毛マシンはどんなもの?

医療レーザー脱毛で使用されている脱毛マシンには、たくさんの種類があります。日本で制作しているものや、アメリカからも輸入していますね。アメリカからの輸入の場合にはFDA(日本でいう厚生労働省のような機関)で承認されているものが多くなっています。

安全基準のクリアをしていますので、問題が出にくいと考えていいでしょう。最新の脱毛マシンが導入されていると、冷却しながら脱毛できるので熱を感じたりやけどの心配もしなくていいです。しかも改良されていますから、ほとんど無痛というものまでありますね。

人によって感じ方が違いますので、場合によっては少し刺激のある方もいるでしょう。相談しながら進められるようスタッフの知識も豊富です。



Copyright (C)2012-2015 レーザー脱毛徹底ナビ All Rights Reserved.