医療レーザーと火傷

医療レーザーと火傷の関係

医療レーザー脱毛での火傷って?

医療レーザー脱毛での心配事としては火傷の問題がありますが、これは出力の高さから来ている話だと思っていいでしょう。それだけ脱毛としての効果が高いのですが、多くの方が心配していますよね。

医療レーザー脱毛では、ピンポイントに集中させてレーザーを当てますので、これも原因にはなるのですが、最近では、あまり火傷の問題が取り上げられなくなりました。脱毛マシンの進化によって、冷却システムの導入が進んでおり、未だに個人差はあるものの火傷のトラブルが減少したと思っていいでしょう。

また施術後のアイシングや、赤みなどを感じた時に迅速な治療の開始ができる事から、不安感も減っています。軟膏などの処方も出来ますので、深刻な問題にはならなくなりましたね。

予め出来る対策として

医療レーザー脱毛でも予め対策をすることでやけどの心配は必要ないと思っていいでしょう。まず、施術のときには熱を感じた時に施術スタッフに状態を申し出ることです。熱すぎるとか痛いということは脱毛を受けている本人にしかわかりませんので、伝えなくてはいけませんね。

恥ずかしがって我慢をすると火傷や肌トラブルになりかねません。施術後にもアイシングはしますが、ご家庭でも保冷剤などの使用をして冷やしておくと、肌の熱が引きますので安心でしょう。日焼けをしてしまうと、肌が過剰な反応を示しますので、医療レーザー脱毛をしているときには紫外線対策を十分にしましょう。

施術後に日光に当たりすぎるのもオススメ出来ませんね。少しの工夫でかなりの緩和がされます。



Copyright (C)2012-2015 レーザー脱毛徹底ナビ All Rights Reserved.